さがしもの工房

職業はシステムエンジニアです。日々忙しいので、もっとゆとりのある生活を求めてます。趣味は、読書、イラスト、写真。最近は電子工作も楽しんでいます。

二人の男の子がいるので、たまにイクメンのネタも書いています。 :-)

Twitterもやっています:


にほんブログ村:
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

働き方改革についての2018年3月の書籍です。 政府の働き方改革の策定にも関わった著者がコンサルタントとして各社の生産性向上に関わった経験を語っています。 高度経済成長の頃は人口もどんどん増える人口ボーナス期で、特に生産性を考えずとも、時間と人をかければ成果

教養としてのプログラミング講座

プログラミングに馴染みが無い人にもわかるようにわかりやすく説明した2014年3月の本です。 MOONBlockというビジュアルプログラミングが紹介されており、直感的にプログラミングに触れることができます。 2014年当時は、まだ小学校のプログラミング必修の話は出ていなか

お先に失礼します 共働きパパが見つけた残業しない働き方

定時退社を実践し続け、半年の育児休暇も取得した著者の体験談です。2017年9月の書籍です。 夫婦ともにIT業界で働く共働きであり、子供の出産の度に妻のほうが育児休暇を取っていたのですが、第3子のときには著者が育児休暇を取って育児をしたときの話です。 定時退社を

60分でわかる! RPAビジネス最前線

RPAビジネスについて紹介した2018年11月の書籍です。150ページほどの薄い本ですが、最新動向を知るにはちょうど良いと思います。 RPAが必要になった背景や、RPAが得意な分野、働き方改革との関係性、RPAの各社の具体的な実践例、導入と管理、に加えてRPAのしくみについて

絵で見てわかるRPAの仕組み

RPAの仕組みについて、図やイラスト、また実際のRPAツールの多くの画面によりわかりやすく説明した2018年8月の本です。 RPAベンダーの提供している無料オンライン学習の情報や、RPAとExcelマクロの違い、RPAツールの各社の特徴、などが紹介されています。オンライン学習は

数学ガールの秘密ノート ビットとバイナリー

数学ガールの秘密ノートシリーズの最新刊です。2019年7月の書籍です。 今回は2進数がテーマだったため、数学というよりコンピュータの基礎知識というイメージが強かったです。最近は小学生向けのプログラミングも流行っていることから、このようなテーマを選んだのかもし

日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術

2019年に向けたテクノロジー展望をまとめた2018年10月の書籍です。主にAI、IoT、VR、ARなどのキーワードに関連した技術が紹介されています。 なかでもデジタルツインと呼ばれる実物とデジタルデータのセットを使って、建造物や飛行機などの故障予測などをする仕組みは非常

知識ゼロからのRPA入門

RPAについて説明した120ページ程度の2019年5月の本です。RoboBiz!というRPAを提供している会社の代表が書いています。 各社RPAを導入していますが、それぞれ特徴があります。またキャラクター化することで愛着を持たせているところも多いようです。 RPAは万能ではなく、

インドの小学校で教えるプログラミングの授業

最近はやりのプログラミングの本ですが、小学生向けというよりは文系の学生や大人へ向けた本のようです。ただ、一般的に入門用として説明されているScratchではなく、Microsoft Small Basicというあまり聞かない学習用の言語を使っています。 たしかに、本書では基本の説

	 フィンテック FinTech (やさしく知りたい先端科学シリーズ4)

最近流行のX-Techの1つであるフィンテックについて紹介した本です。 フィンテックは金融に関するシステムがデジタル化されたものです。紙幣などの紙ベースが、カード決済になり便利になりました。さらに進んで、物理的なカードなどを使わずにウェブ上で金融取引がされるよ

LaQで賢人パズル

子供が学校帰りに賢人パズルの形を覚えてきたようで、家に帰ってからLaQで再現していました。 LaQはカラフルなので見ているだけでも楽しいですね。バラバラになったパズルを立方体にするのは大人でもなかなか苦労します・・・。

ロウソクの科学

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんが紹介したことで注目を浴びた「ロウソクの科学」です。 私が読んだのは1961年4月に発行された旺文社文庫のものです。炭坑や獣脂など発行当時には普通だったものが出てくるので、そこはイメージしにくいかもしれませんが、日本語訳は全

中学数学からはじめる暗号入門

四則演算と除法(あまり)、簡単な方程式を使った暗号を説明した2019年2月の本です。 かの有名なシーザーの時代からの暗号の歴史が簡単に紹介されています。戦争時にドイツが使用したエニグマ暗号も紹介されています。現代の暗号についてはRSAが紹介されています。 暗号桁

小さな会社が自社をRPA化したら、生産性がグーンとアップしました

働き方改革でも有名なRPAを実際に導入した中小企業の実体験を示した書籍です。具体的な内容なだけに、非常に参考になります。 少子高齢化により、働き手が少なくなっている今、外国人労働者を増やしたり、生産性を改革するなどの取り組みが行われています。一方で、働き方

増補版 大人のための国語ゼミ

大人になると勉強する機会って少なくなりますよね。特に国語ともなると、小学校から高校で勉強してから大学の教養課程で学ぶのが最後になってしまうことも多いのでは無いでしょうか?本書はそんな大人たちに向けた国語ゼミの本です。 わかりやすい文章を、わかってもらえ

↑このページのトップヘ