IMG_2966_s

トランジスタ数と脳の関係は無関係とは言えないそうです。ニューラルネットワークは、人間の脳がシナプスによる伝達をするのを模倣しているからです。

ディープラーニングは中間層をもうけることで認識精度を高めていますが、業務によって中間層を何層にすれば良いかが変わってくるそうです。

会話型のコグニティブシステムというとIBMのWatsonが有名ですが、日本にもKIBITと呼ばれるシステムがあるそうです。日報を読み込ませて社員の心のケアをしたりするのにも活用されているそうです。世界のデータの約8割はコンピュータが直接理解できない非構造化データということで、こういったコグニティブシステムが浸透するとよりデータ活用が進むと予想されます。

バク転のできる最先端のAltasというロボットは今後、災害救助などで活躍しそうです。

日本では、アンドロイドや感情を持ったロボットなど、人間に近いロボットの開発が活発化しているようです。