さがしもの工房

職業はシステムエンジニアです。日々忙しいので、もっとゆとりのある生活を求めてます。趣味は、読書、イラスト、写真。最近は電子工作も楽しんでいます。

二人の男の子がいるので、たまにイクメンのネタも書いています。 :-)

Twitterもやっています:


にほんブログ村:
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

カテゴリ: 映画

2005年にも見たことのあるビューティフル・マインドをもう一度観てみました。10年以上も経っているので、新鮮な気持ちで観ることができました。Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます(2019年7月時点)。 実話に基づいており、主人公の天才数学者ジョン・ナ

人工知能を題材とした2016年の映画です。Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます(2019年4月時点)。 ある天才研究者が作り出した人工知能を持ったアンドロイドを、別の優秀な研究者がチューリングテストするのですが、登場する人工知能の人間と同等の知性や

自閉症を持つ数学が得意な少年が国際数学オリンピックに参加する物語です。2019年3月時点で、Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 数学オリンピックに参加するような子供たちは常に数学のことを考えているんだなぁ、ということが感じ取れる映画になっ

ツール・ド・フランスで有名な自転車のロードレースをテーマにしたアニメーション映画です。ジブリ映画のような演出も感じられます。2019年3月時点で、Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」、続編にあたる2007

落ちぶれ気味の音楽プロデューサーと伸び悩んでいる歌手との物語です。2019年3月時点で、Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 利益を優先せずに歌を伝えたいという気持ちがにじみ出ている良い映画です。型破りなところが小気味よく、爽快感もあります

AIが登場する映画トランセンデンスを観ました。2019年3月時点でAmazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 2014年の映画で、第3次AIブームの前に一度観たことがあったのですが、久しぶりに観てみました。人間と同じような思考や感情を持ち、ナノマシンを使

重力が逆転している異世界人との冒険物語です。2013年のアニメーション映画で、Amazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 放映当時に話題になったかどうかは全然わからないのですが、Amazon Prime Videoで面白い映画がある、というブログやTweetが多かった

「トゥモロー、トゥモロー」というフレーズで有名なANNIE(アニー)という映画を観ました。2019年3月時点でAmazon Prime Videoでプライム会員なら無料で視聴できます。 ミュージカルのイメージが非常に強いANNIEですが、愛情あふれるストーリーに、テンポよく歌や踊りが入り、

人工知能を持ったオペレーティングシステム(OS)を彼女として付き合う男性のSFラブストーリーです。2019年1月時点で、Amazon Prime ビデオの対象です。 人工知能というと人間に近い知性を持っていますが、肉体を持つ必要がありません。人工知能が発達し、人間と対等に会話で

映像が美しいとの評判を聞いていましたが、タイトルから内容が良くわからなかったので、とりあえず観てみました。 たしかに映像はきれいですが、ストーリーの方はあまり良くわかりませんでした・・・。海に近い街に住む、中学生の話で、「もし〜だったら」という言葉で不思

ずっと観たいと思っていたソードアート・オンライン(SAO)の劇場版をやっと観ることができました。 SAOの原作(小説)が2012年にアニメ化されてから、SAOも3期目に突入しています。今回観た劇場版は2期目と3期目の中間にあたります。 SAO自体、シーズンを通して、作画の質は非

奇跡的な出来事がきっかけで年を取らなくなってしまった女性を描いた作品。 100年というときを自分だけ老いずに過ごす苦悩が表現されています。 続き (ネタばれ注意)

人工知能(AI)を搭載したオートマタ(ロボット)をテーマにした2016年の映画です。 続き (ネタばれ注意)

大草原の小さな家 シーズン1 Vol.1

ずいぶん昔に放映されていた「大草原の小さな家」。英語の勉強がてらに観てみました。年を取ってから観ると、また違った印象を受けます。お父さんのチャールズの人の好さとローラの無邪気さが印象的です。アメリカも昔は大変な生活をしていたんだなぁ〜と思いました。

ついにペルソナ3の映画も最終話となりました。ペルソナ3のゲーム本編のエンディングに忠実だったので、ゲームをやっていたときのことを思い出しながら観ていました。4作とも言えることですが、イラストが非常にきれいなところは観ていてとても楽しいです。ところでFESの後日

海街diary

地上波で放送しているのを観ました。腹違いの一番年下の妹を含めた4姉妹が父の死去後、鎌倉で一緒に暮らす様子を描いた映画です。父親も母親も不在の海辺に近い古い家で、若い4姉妹がひと昔風の生活を送っているのが印象的でした。自宅の梅を収穫して、梅酒を作っているとこ

劇場版ペルソナ3 #3 Falling Down

ペルソナ3劇場版の第3章のDVDのレンタルが始まったので借りてきました。最初なかなか見つからなかったのですが、実は新作コーナーの方に置いてあるのを知って、やっと借りることができました。今回も綺麗な映像でした。ストーリーも、はじけた楽しいシーンと悲しいシーンとが

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

最近、子供たちはドラえもんが好きみたいです。去年まではアンパンマンを観に行っていましたが、今年はドラえもんの映画を観に行くことにしました。事前にコンビニで前売り券も買っておきました。公開直後ではありましたが、最近は映画館でわざわざ観る人も少ないだろうと思

ペルソナ3劇場版の第2章のDVDのレンタルが始まったので借りてきました。劇場版はすでに第3章が2015年4月4日に公開予定になっています。劇場版というと通常、2時間程度に物語が集約されていて、物語が突然飛ぶようなような場合もありますが、ペルソナ3劇場版の場合はどちらか

劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth

ペルソナ3の劇場版のDVDがいつの間にかレンタルされていたので借りてきました。主人公は結城理(ゆうきまこと)という名前で登場します。ゲームの中では声優がついていなかったので、どんな声なのか楽しみにしていましたが、これまたわざと棒読みっぽく話すのが印象的でした

劇場版 それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い

今年もアンパンマンの映画を見に行きました。今回は子供にもわかりやすい内容に感じましたが、子供たちは途中は楽しそうに見ていましたが、最後のほうは少し物足りなそうな印象でした。過去の映画のときもそうでしたが、テレビ放映やDVDが出るころに、じっくりと家で見れば楽

昨日、テレビでジブリ映画、借りぐらしのアリエッティを放映していました。ジブリ映画らしく、とても細かい描写だと感じました。今回は特に装飾品の緻密さが印象的でした。ストーリーは少し短めに感じましたが、うまくまとまっていたと思います。それにしえも、「借りぐらし

早くも地上波で登場しましたね、サマーウォーズ。実は、その直前にDVDを借りて観てしまったのです・・・もう少し待っておけばよかった・・・。さてさて、内容の方は現代らしくネットの発達した社会のバーチャル世界の問題が現実世界とつながる形になっています。ネットですべ

天使のくれた時間というタイトルからどんな映画か想像するのは難しかったのですが、見ていくうちになるほどと思うようになりました。仕事もできて地位も名誉もある主人公が昔に地元に置いてきて別々の人生を歩んでいるはずの彼女との今とは違った生活を送るパラレルワールド

久しぶりにいい映画を観ました。テレビCMが流れていたとき、子供から大人に成長していく女の子と、生まれたときから老人であり、精神は子供から大人へと成長していきますが、見た目は老人から子供へと若返っていく男の子の物語という設定をみて、絶対に見たい!と思った映画だ

ウォーリーのことは宣伝やテレビで何度か見かけていたのですが、そのときはCGを駆使したファンタジー映画くらいにしか思っていませんでした。ところが!実際に見てみると示唆に富んだとってもいい話ではありませんか!!

副腎白質ジストロフィーという難病があるということを初めて知りました。この映画では一人息子がこの難病にかかってしまいます。当時はこの難病の存在が知られたばかりで、効果的な治療方法がみつかっていない状態でした。息子を助けるために、両親は医者だけに任せずに自分

ピランデッロのヘンリー四世

「ピランデッロのヘンリー四世」という演劇を見る機会がありました。ヘンリー四世というとフランスの皇帝のことを思い浮かべるのですが、どうもこの演劇では違うようですね・・・時代背景がいまいちわかりにくいのですが、テレビではなくすぐ目の前で10人近くの人が迫力ある

ゾンビと戦うアクションゲームで有名なバイオハザードの映画化の3作目です。2作目の直後の話になります。今回も怖いシーンや迫力あるアクションシーンが満載でした。本当に脅かすのがうまいですよね・・・。それがこの映画の醍醐味なのかもしれませんが。※続きにはネタバレ

何度も原作を紹介していますが、スカイ・クロラの映画がDVD化されました。製作は甲殻機動隊で有名なProduction I.G.と押井守監督のコンビ。開始直後からの戦闘機の空中戦の様子はリアルなCGと音声とで非常に迫力がありました。さすがProduction I.G.ですね。映画の内容はほぼ

↑このページのトップヘ