さがしもの工房

職業はシステムエンジニアです。日々忙しいので、もっとゆとりのある生活を求めてます。趣味は、読書、イラスト、写真。最近は電子工作も楽しんでいます。

二人の男の子がいるので、たまにイクメンのネタも書いています。 :-)

Twitterもやっています:


にほんブログ村:
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

カテゴリ: イクメン

LaQで賢人パズル

子供が学校帰りに賢人パズルの形を覚えてきたようで、家に帰ってからLaQで再現していました。 LaQはカラフルなので見ているだけでも楽しいですね。バラバラになったパズルを立方体にするのは大人でもなかなか苦労します・・・。

統計ってなんの役に立つの?

子供の科学ミライサイエンスシリーズの統計編です。2018年5月の子供向けの本です。 ミライサイエンスシリーズは分野によって難易度が結構異なる気がしますが、本書の統計編は難易度としてはそれほど高く無いですが、子供が興味をなかなか持ちにくいと思われる分野だけに、

宇宙探査ってどこまで進んでいる?

子供の科学ミライサイエンスシリーズの宇宙探査編です。 2019年6月の書籍で、大人にとっても宇宙についての新しい知識を得ることができると思います。子供と一緒に読んでいて楽しい読み応えのある本です。 月探査の歴史や現状、今後の予定に加え、本命である火星探査の現

タイムマシンって実現できる?

子供の科学ミライサイエンスシリーズのタイムマシン編です。2019年7月の本です。 アインシュタインの相対性理論や量子論が出てきますが、可愛いイラストを使ってわかりやすく説明してくれるので、子供たちも興味を持って読み進めて理解することができると思います。 特に

親子で学べる いちばんやさしいプログラミング

2019年5月の親子向けプログラミングの本です。親が読むのが前提なのか、ふりがながほとんどありません。なので、子供が自分で読む本ではなさそうです。 本書は、親がプログラミング教育がどんなものかを理解するための機会を提供していると思います。 順次実行、繰り返し

中学受験を考えたときに読む本

中学受験を教える側のプロフェッショナル五人のインタビュー記事です。 意外なことに多くのプロフェッショナルが中学受験には反対の立場です。それでも需要があるので教えているのが実情です。 偏差値重視の学校に対しては効率的に教えることができる大手塾を勧めていま

医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法

神戸大学医学部教授の著者による、医者としての勉強の心構えを記した本です。 著者は島根医科大学卒業後、アメリカでも医学の経験を持っています。 医学部に合格するには、厳しい受験戦争に勝つ必要があります。受験テクニックにより効率的に必要最小限の努力で受かるこ

公立中高一貫校選び 後悔しないための20のチェックポイント

公立中高一貫校に絞って説明した2015年9月の書籍です。 公立中高一貫校は主に地域の2番手校が1番手校と別の教育方針により切磋琢磨して地域の学力を向上させる意図が多いようです。とくにSSH(スーパーサイエンスハイスクール)やSGH(スーパーグローバルハイスクール)といっ

小学校のプログラミング授業実況中継

2020年に必修化される小学校のプログラミング教育についての2017年7月のムックです。ICTを使った授業風景が紹介されています。 Scratchやビスケットを使ったプログラミング教育や、「ルビィのぼうけん」という書籍を使って体でプログラミングを体験する授業、Garage Band

頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て

中学受験情報局「かしこい塾の使い方」相談員である著者が中学受験について記した2019年5月の書籍です。見守る子育て=伸び代がある子育てになります。自ら学び、自ら成長する子に変わります。1)子供を否定しない、2)子供に与えすぎない、3)子供のことで焦らない、の3つ

公立中学一貫校に合格させる塾は何を教えているのか

公立中高一貫校への合格率が高い塾「ena」の授業風景について取材した2017年1月の本です。塾というと受験に向けて、詰め込み型の勉強をしているのかと思いきや、この塾では多く脱線しながら、とにかく考えることを大事にするのだそうです。「公立」の中高一貫校では、こう

中学受験は親が9割 最新版

最近読んだ他の中学受験の本とは異なり、難関校と呼ばれる中高一貫校を対象にした中学受験のための親の心得を記した2018年6月の本です。 本書では週4日以上の大手塾へ新4年生(3年生の終わり)からの入塾を勧めています。麻布中学の入試問題が参考に掲載されていますが、こ

ゆる中学受験

中学受験は都心部では偏差値に幅があるそうですが、その中でも中堅校(といっても偏差値は60以下)を狙うことで、必要以上のストレスを感じずに親子ともに疲弊せず、ノビノビと学ぶことを目標とした桜学舎という塾の塾長が書いた2019年1月の本です。中学受験というと多くの

中学受験 親のかかわり方 大全

スクールFCという中学受験の塾の代表による中学受験への親の関わり方について紹介した2017年4月の書籍です。3年生の終わりを準備期間とした入塾までの対応から始まり、4年生、5年生、6年生、とそれぞれの学年でどのような対応をとるべきかをわかりやすく紹介してくれていま

キッザニア流!体験のすすめ

キッザニア東京のラウンジに置いてあって、待ち時間に読みました。 キッザニア東京はもともとメキシコのキッザニアを参考に作られたということです。大変良い施設を日本にも導入してくれたと思います。 職業体験というイメージが強いですが、実際には社会の縮図になって

キッザニア東京

キッザニア東京で子供達に職業体験をしてもらいました。 この日は地元の学校はお休みでしたが、各地から団体の小学生が来ていたようで、それなりに混んでいました。 子供達が自主的に行動することが大事ということで、親は保護者ラウンジで休憩しながら、たまに子供達に

受験学力

和田秀樹の受験のテクニックを紹介した2017年3月の本です。2020年の大学入試要項の変更に関する批判が追加されている以外は、先日読んだ「親のための受験の教科書」の内容と9割被っています。よって、本書よりもそちらを読んだ方が良いと感じました。

親のための受験の教科書

和田秀樹による受験テクニックを紹介した2018年3月の書籍です。著者は灘高から東大に入り精神科の医師として活躍しています。例えば、数学なら、解法パターンを複数暗記して、それを駆使して難問に挑戦する、といったテクニックを紹介しています。半分暗記に近いと数学者か

サイバーエージェント公式 子供プログラミング超入門 Scratchでつくろう!迷路ゲーム

迷路ゲームを通じて、Scratchプログラミングを学ぶことができます。迷路ゲームだけにテーマを絞ることで80ページほどの内容にまとまっています。60分で完成させることができる分量です。子供たちも実際に自分たちでマウスで線を弾きながら迷路の壁を作って遊んでいます。

遊びながら楽しく学ぶ!小学生のScratchプログラミング ナツメ社

小学生向けにスクラッチの使い方をわかりやすく説明した本です。 「おならでジャンプを作ろう」という章では、おならやトイレといった小学生が大喜びしそうなものを題材にして横スクロールのアクションゲームを作ります。案の定、子供たちもよろこんでとびつきました。色

ニジマス釣りに行ってきました

自分が子供のころ、田舎へ行ったついでに、近くのニジマスの釣り堀によく行っていました。通っていた小学校の近くにも池があって、放課後とか土日にはフナやコモロを釣っていました。 今の子供たちの時代には、そのような簡単に釣りができる環境が無くなってきました。一方で、ゲームの中では釣りを題材にしたミニゲームがたくさん出ているので、「釣り」というもの自体は馴染みがあるようです。せっかくなので、釣り堀ではありますが、実際の釣りというものがどういうものかを子供たちにも体験してもらおうと思いました。

子供と初スキー

今日は子供とスキーをしました。子供にとっては初めてのスキーです。 スキーウェアは持っていますが、スキーセットが手元にないため、子供と自分のと2セットをレンタルしました。それぞれ、SALOMONとHEADのカービングでした。 リフト券を買う前に、まずは平らなところで

LaQで作ったオリジナルの蒸気機関車

次男がLaQで蒸気機関車を作りました。 図鑑に載っているモデルとは異なるオリジナル 「LaQ超ミュージアム」という本には「機関車」が、「LaQのりもの図鑑」という本には「蒸気機関車」が載っているのですが、それらともまた違うオリジナルの蒸気機関車を作ったようです

LaQで作ったジェット機

次男がLaQでジェット機を作りました。最初はあり合わせのパーツでカラフルなジェット機を作っていましたが、その後、パーツに余裕ができたみたいで、カラーリングを意識してきちんと作り直したようです。 作り方は「LaQ超ミュージアム」 作り方は「LaQ超ミュージアム」

LaQで作った変形ヘリコプターロボ

次男がLaQで変形ヘリコプターを作りました。ヘリコプターモードとロボットモードに変形します。 写真を見ながら作った 「LaQ 超スーパーテクニック」という本にトリケラブルドーザーというモデルの作り方が載っています。その応用モデルとして写真だけが掲載されている

LaQで作ったヘリコプター

次男がLaQでヘリコプターを作りました。またまたカラフルです。 トンボのようにも見えるけど トンボのようにも見えるのですが、ヘリコプターとのこと。使っているパーツは少なめですが、たしかにヘリコプターに見えます。 作り方はどこかに載っているわけではなく、自

LaQで作ったキャリアカー

次男がLaQのりもの図鑑を見てキャリアカーを作りました。キャリカーの後ろの荷台にトミカを載せて遊んでいました。 荷台に好きなものを載せることができるキャリアカー 荷台部分が広く作られているので、LaQのりもの図鑑のようにレーシングカーやフォームラワンカーを載

LaQで作ったモジュールスペースシップ

パーツを使ってモジュールという少し大きな部品の単位をあらかじめ作ります。それを組み合わせると色々な形のスペースシップが出来上がります。デスクトップパソコンを自作するときも、マザーボードにCPU、メモリ、HDDなどの部品をつなげるとパソコンが出来上がるのと同じ

LaQで作ったハシゴ車

次男がLaQでハシゴ車を作りました。作り方の本には載っていなかったので、自分なりに別のモデルのつくり方を参考にしながら作ったんだと思います。 形を作るのが優先で色は二の次 長男は色も統一したり几帳面なところがありますが、次男はとにかく形が出来上がるのがう

LaQで作ったスカイバギー

昨年末から今年にかけて子供たちが完成させたスカイバギー。昨年のうちに車の本体部分は作ってあったのですが、なかなかジェット部分とウィング部分が合体せず、今年になってやっと完成です。 スカイバギーのつくり方 スカイバギーのつくり方はLaQ公式サイトで公開さ

↑このページのトップヘ